韓国ドラマ-花たちの戦い-あらすじ-1話-2話-3話-ネタバレ・視聴率・相関図・キャスト・動画・最終回までの結末は?感想あり

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「花たちの戦い」のあらすじ1話〜3話
をご紹介します!

17世紀、朝鮮王朝は清の属国(植民地)となり、その復讐を誓った男たちの影で、
し烈な女たちの戦いがはじまる・・・

陰謀を渦巻く宮廷で生きる女たちを描いた壮絶な歴史ドラマ!

普通の妾(めかけ)から、王の側室高位である貴人にまで上り詰め、
さらには後宮を思うままに牛耳る、美しい魔性の女・ヤムジョン。

朝鮮王朝の歴史的大事件と共に、後宮では火花を散らす、陰謀と駆け引きを描いた怒濤の展開に!

主役のヤムジョンを演じるのは、インスンはきれいだガラスの靴で出演していたキム・ヒョンジュ
またジャイアントオールインで出演していたイ・ドクファや、
トンイ出演のチョン・ソンウンや、善徳女王出演のチョン・ソンモなど、豪華キャスト出演!

また、インス大妃を手がけたスタッフが、「花たちの戦い〜宮廷残酷史〜」の脚本・演出に!

花たちの戦い〜宮廷残酷史〜」の最高視聴率は5.4%!

復讐に潜む女達の権力争いで、宮廷で展開するしれつな女たちの戦いの結末はいかに??

美しき魔性の女・ヤムジョンは、どうなっていくのか??

全50話のあらすじを余すことなくお伝えします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第1話

朝鮮時代中期に、清軍の侵攻を逃れ、
南漢山城に敵から身を守るために閉じこもっていた朝鮮王朝16代王・仁祖(インジョ)は、
周囲の反対を押し切って、清の国の支配下になる事を受け入れ、
三跪九叩頭(さんききゅうこうとう)の礼(清の臣に対して、尊敬の意を表す礼)を行う。

官僚・ジャジョムは、16代王・仁祖(インジョ)が降伏したと知らせを受けて宮廷に駆けつけたが、
もう間に合わなかった。

清の国は、屈辱的な要求を次々と突き出し、王宮を荒らして朝鮮の民60万人を奴隷として連れ去って行く。

生まれたばかりの16代王・仁祖(インジョ)の次男・鳳林大君(ポンリム/仁祖の次男)などの
仁祖(インジョ)王の子供3人も、清の奴隷として連れて行く。

16代王・仁祖(インジョ)は、官僚・ジャジョムに対して、
助けに来なかったことに激怒して、首切りを命じる。

これに対して官僚・ジャジョムは、3万人の兵と16代王・仁祖(インジョ)の命令を待っていたと説明し、
斬首は免れるが、無人島への島流しの刑を受ける。

一方、清の国の兵士らによる、度が過ぎた略奪はどんどんひどくなり、
人々は日々恐怖に怯えていた。

平穏に暮らしていた、ヤムジョンの母 ・ハノクの身にも危険が迫り、
母を助けようとヤムジョン(後の仁祖の側室)は、屋敷に忍び込んだ清の兵を殺害する。

第2話

ヤムジョン(後の仁祖の側室)は、殺害した清の兵を両班(ヤンバン)・ヒョクと一緒に埋めて、
二人の距離は縮まり、ヒョクから求婚される。

しかし衰えたとはいえ、両班(ヤンバン)の息子であるヒョク(ヤムジョンの恋人)と、
妾(めかけ)の娘として育ったヤムジョンの身分があまりに違うと思い、
ヤムジョンは本心とは裏腹に、ヒョクの求婚を断る。

ヤムジョンは幼い頃に、母親に対する父親の態度や、
父の本当の奥さんに虐められている母の姿を思い起こし、
いつか見返してみせると固く決心する。

一方、無人島での生活に耐えかねた官僚・ジャジョムは、
自殺を考え始める。

だが官僚・ジャジョムは、気が弱く、王の座にふさわしくないと思えたヌンヤン(のちの朝鮮王朝16代王・仁祖)を、
自分が助けた事によって王に就かせることが出来たのに、
一番の功労者である自分を島流しの刑にした事を恨んで、仁祖(インジョ)への復讐を誓う。

第3話

家来の反逆と国民の感情が気になって恐れる16代王・仁祖(インジョ)は、
自分を守ってくれるのは官僚・ジャジョムしかいないと考え、無人島から連れ戻す。

再び16代王・仁祖(インジョ)の前に現れた官僚・ジャジョムは、
許してもらった事に感謝し、額を地につけながら感激した素振りを見せるが、
16代王・仁祖(インジョ)は、自分に対する復讐の念を感じ取る。

しかし、それでも16代王・仁祖(インジョ)が頼れるのは、
官僚・ジャジョムしかいない。

16代王・仁祖(インジョ)は、過去は水に流そうと官僚・ジャジョム に言うと、
ジャジョムは涙を流しながら感謝する。

しかし、官僚・ジャジョムの心の奥には、冷めやらぬ悔しさが煮えたぎっていた。

一方、ヤムジョンの恋人・ヒョクは、国民を守ることができなかった国政を変えて、
新しい時代を開かないといけないと思い、仲間を集めて剣の練習に励む。

そんなヒョクの元に、ヒョクとの結婚を夢見る恋人・ヤムジョンは、淡い期待を抱きつつ、
食料などを用意して彼の家を訪ねるが、恩返しをすると約束したはずのヒョクの母に、
妾(めかけ)の娘を嫁には出来ないと言われ、深く傷つく。

官僚・ジャジョムは、ジャジョムの打ち解ける相手・キム尚宮に悔しさをこぼしながら、
16代王・仁祖(インジョ)の関心を得ようと、若い娘を探してくれるように協力を求める。

ヒョクの恋人・ヤムジョンを部屋に呼んだキム尚宮は、
体に傷があっては王に仕えられないと言って、服を全て脱ぐように命じる。。

スポンサーリンク

キョンの感想

朝鮮王朝がちょうど清によって半分植民地化された時代の出来事です。

この時代は、まだまだ身分の違いで結婚もなかなか出来なかったりした時代だという事がよく分かりますね〜。

でも、これから妾(めかけ)の娘であるヤンジョンが、どんな変貌をしていくのかが楽しみですね!

朝鮮王朝16代王・仁祖(インジョ)は、本当は王向きでは無かったんですね。

でも、すぐに清に仕える所を見ると、今でも王様としての権力は薄く感じますね。

これからどんな展開が待ち受けているのでしょうか?

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ