韓国ドラマ-イニョン王妃の男-あらすじ-10話-ネタバレ-感想-視聴率-相関図-キャスト-動画-最終回まで-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」のあらすじ
10話
をご紹介します!

1694年、イニョン王妃を守る男・ブンドと、
2012年、売れない無名女優・ヒジン

300年を超えた二人の出会い。

始まりは偶然だった。

命を狙われ、ここで終わりと思ったブンドは、
突然2012年にタイムスリップする。

その頃、2012年の女優・ヒジンは、
ドラマでイニョン王妃役に抜擢されるが、
その撮影現場でブンドと出会う。

時の隙間が導いた奇妙な出会いだったが、二人の恋が始まる。

朝鮮時代の現代を舞台に語る、甘く切ないロマンティックラブストーリー。

主演は、兵役前の最後の作品となった、
「千回のキス」「セレブの誕生」出演のチ・ヒョヌ
「イニョン王妃の男」で初ヒロインになった
「シークレット・ガーデン」「最高の愛」出演のユ・インナ
他にも魅力的な豪華キャストが集合!

時空を超えて出会った二人だけのラブストーリー。

果たして、ブンドとヒジンの運命は?

全16話時空を超えたラブストーリーをお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第10話

朝鮮第19代王・粛宗(スクチョン)に会ったブンドは、
縁談を勧められる。

現代では、歴史を調べていた女優・ヒジンは、
ブンドが縁談を勧められていることを知り、ムカついていた。

ヒジンはマネージャー・スギョンに、
ブンドは結婚したのか聞くが、スギョンはヒジンに合わせるように、
ヒジンを想って独身を選んだと告げる。

ブンドは王妃に呼ばれ、王妃の服を見て違和感を覚える。

そして札を探すが見つからず、済州島に使いを出す。

人気俳優・ドンミンは、屋上にいるヒジンにキスしようと迫るが、
ヒジンは必死に抵抗する。

ヒジンはマネージャー・スギョンに、ドンミンとは別れると話すが、
今仕事が波に乗っているところだから頑張ろうと励ます。

朝鮮時代では、ブンドは和尚から、自分が女に何度も会っていたと聞く。

突然、刺客に襲われ、尾行するとミン・アムの刺客・チャスがいた。

ブンドはチャスの持っていたお札を持ち、
襲われそうになった時にブンドが消える。

それを見たチャスは、お札の主にしか使えないことがわかり、
始末するべくだと伝える。

現代に来たブンドは、ヒジンに電話をするが、
スギョンが出て切られてしまう。

ブンドは完全に記憶を取り戻し、
ヒジンの授賞式に現れる。

スポンサーリンク

キョンの感想

ブンドは、札のおかげでヒジンの記憶が一気に全て戻ったみたいですね!

でも、果たしてヒジンは元に戻るのでしょうか?

すごくドンミンがウザく感じてしまいますね。。

また始まるブンドとヒジンの恋愛が楽しみですね!

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ