韓国ドラマ-イニョン王妃の男-あらすじ-15話-ネタバレ-感想-視聴率-相関図-キャスト-動画-最終回まで-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」のあらすじ
15話
をご紹介します!

1694年、イニョン王妃を守る男・ブンドと、
2012年、売れない無名女優・ヒジン

300年を超えた二人の出会い。

始まりは偶然だった。

命を狙われ、ここで終わりと思ったブンドは、
突然2012年にタイムスリップする。

その頃、2012年の女優・ヒジンは、
ドラマでイニョン王妃役に抜擢されるが、
その撮影現場でブンドと出会う。

時の隙間が導いた奇妙な出会いだったが、二人の恋が始まる。

朝鮮時代の現代を舞台に語る、甘く切ないロマンティックラブストーリー。

主演は、兵役前の最後の作品となった、
「千回のキス」「セレブの誕生」出演のチ・ヒョヌ
「イニョン王妃の男」で初ヒロインになった
「シークレット・ガーデン」「最高の愛」出演のユ・インナ
他にも魅力的な豪華キャストが集合!

時空を超えて出会った二人だけのラブストーリー。

果たして、ブンドとヒジンの運命は?

全16話時空を超えたラブストーリーをお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第15話

ブンドは女優・ヒジンの部屋から、歩いて5分の家を借りる。

ヒジンはブンドが夜中に電話で質問され、駆けつけると、
ネクタイの締め方やクリスマスの意味を聞かれる。

ヒジンは何かにつけてブンドにキスをし、
ブンドとヒジンは幸せそうにする。

ブンドとヒジンはデートをすることになるが、
マネージャー・スギョンから目立たないように人目に注意するようにと言われる。

「5分で会えるなんて・・信じられない。300年を行き来してたのに・・」ブンドに甘えるヒジン。

ブンドとヒジンはデートを楽しんでいたが、
ブンドが綿あめを買いに行って並んでいる最中に突然消えてしまう。

その光景を見ていたヒジンは驚いて座り込んでしまう。

マネージャー・スギョンに部屋を調べてもらい、
お札が消えていることがわかる。

ブンドは、スーツ姿のまま朝鮮時代に戻り、
お札が黒くなってしまう。

ブンドは妓生(キーセン)・ユンウォルに会いに行くが、殺されてしまっていたことが分かり、
ショックを受ける。

そこに刺客・チャスが現れ、争いになるが、ブンドはチャスを殺害する。

ブンドは、寺の和尚にユンウォルの遺体を引き取って欲しいとお願いする。

女優・ヒジンは、公園でブンドの帰りを信じて待ち続ける。

ブンドは、望みをかけてお札を持ったまま、自分の首に剣を当てると、
現代に戻ることができた。

ヒジンとブンドは電話で話し、ブンドはヒジンに近づくが、
またブンドは突然消えてしまう。

ヒジンは泣きながらブンドを探す。

ブンドは住職に会いに行って、頼みを聞いてもらおうとする。

マネージャー・スギョンはヒジンに会うと、
ヒジンが泣きじゃくっていることに驚く。

ヒジンは、もう会えない気がする、ひどいと言いながら大泣きをし、
スギョンもまたもらい泣きをして、泣かないでと言う。

1ヶ月後、ブンドは和尚に会いに行くが、
住職が亡くなったことを知る。

ブンドは、もうこのまま現代に行くことができないと考える。

そして、お札が切れた時、自分の周りの人間は記憶をなくしたことを思い出す。

本当はすぐにでもヒジンに会いたいブンドだったが、
このままどうすることもできないと悟ったブンドは、
ヒジンに手紙を残し、黒くなったお札を燃やして、
記憶を無くそうとする。

スポンサーリンク

キョンの感想

まさかの展開にびっくりですね!

もうこのままブンドとヒジンが幸せに暮らすのかと思いきや、
急にブンドのお札の効果が切れてしまうとは!!

これからもうブンドとヒジンは再会することはないのでしょうか??

そして、ブンドの書いた手紙はどうなるのでしょうか??

最終回が気になります!

最終回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ