韓国ドラマ-イニョン王妃の男-あらすじ-1話-ネタバレ-感想-視聴率-相関図-キャスト-動画-最終回まで-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」のあらすじ
1話
をご紹介します!

1694年、イニョン王妃を守る男・ブンドと、
2012年、売れない無名女優・ヒジン

300年を超えた二人の出会い。

始まりは偶然だった。

命を狙われ、ここで終わりと思ったブンドは、
突然2012年にタイムスリップする。

その頃、2012年の女優・ヒジンは、
ドラマでイニョン王妃役に抜擢されるが、
その撮影現場でブンドと出会う。

時の隙間が導いた奇妙な出会いだったが、二人の恋が始まる。

朝鮮時代の現代を舞台に語る、甘く切ないロマンティックラブストーリー。

主演は、兵役前の最後の作品となった、
「千回のキス」「セレブの誕生」出演のチ・ヒョヌ
「イニョン王妃の男」で初ヒロインになった
「シークレット・ガーデン」「最高の愛」出演のユ・インナ
他にも魅力的な豪華キャストが集合!

時空を超えて出会った二人だけのラブストーリー。

果たして、ブンドとヒジンの運命は?

全16話時空を超えたラブストーリーをお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第1話

朝鮮王朝時代、1694年。

5年前に、朝鮮第19代王・粛宗(スクチョン)は、イニョン王妃を廃妃し、
南人のチャン・ヒビンを王妃にするが、
これをきっかけに、南人の横暴な振る舞いを目にし、
朝鮮第19代王・粛宗(スクチョン)の心に変化が現れ、
イニョン王妃を復活させようか悩んでいた。

そんな中、南人の動きを監視を命じられていた弘文館の校理・ブンドは、
南人の右議政・ミン・アムが、イニョン元王妃の暗殺を計画している手紙を入手する。

ブンドはその手紙を妓生(キーセン)・ユンウォルに見せてお札をもらい、
王様に知らせるために宮殿へと急ぐ。

しかし、そこに現れた刺客・チャスが現れ、命を狙われる。

もはやこれまでかと思ったブンドだったが、
その時、急にタイムスリップする。

一方、2012年の韓国。

無名女優のヒジンは、大河ドラマ「新・張禧嬪(チャン・ヒビン)」のオーディション会場へ向かう。

ヒジンはオーディション会場で、元カレであり、人気俳優のドンミンと再会して憂鬱になるが、
イニョン王妃役に見事合格すると、テンションが高くなる。

ヒジンが撮影現場に向かうと、一人の男の人がいて、
その人に挨拶をする。

役名であるイニョン王妃ですと告げたヒジンだったが、
男はその言葉に困惑する。

その男こそが、タイムスリップしたブンドだった。

未来にタイムスリップしてしまったブンドは、
「ここはあの世か、夢の中なのか・・・」と、ヒジンに尋ねる。

スポンサーリンク

キョンの感想

すごく面白い展開から始まりましたね!

そもそもタイムスリップしてきた場所が、
ちょうどイニョン王妃の撮影現場と交差するとは、
なんとも言えない場所ですね〜

ブンドの格好はまさに役者ですもんね!

これからブンドはどう生きていくのでしょうか??
韓国ドラマ イニョン王妃の男 あらすじ ネタバレ1話
次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ