韓国ドラマ-イニョン王妃の男-あらすじ-2話-ネタバレ-感想-視聴率-相関図-キャスト-動画-最終回まで-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」のあらすじ
2話
をご紹介します!

1694年、イニョン王妃を守る男・ブンドと、
2012年、売れない無名女優・ヒジン

300年を超えた二人の出会い。

始まりは偶然だった。

命を狙われ、ここで終わりと思ったブンドは、
突然2012年にタイムスリップする。

その頃、2012年の女優・ヒジンは、
ドラマでイニョン王妃役に抜擢されるが、
その撮影現場でブンドと出会う。

時の隙間が導いた奇妙な出会いだったが、二人の恋が始まる。

朝鮮時代の現代を舞台に語る、甘く切ないロマンティックラブストーリー。

主演は、兵役前の最後の作品となった、
「千回のキス」「セレブの誕生」出演のチ・ヒョヌ
「イニョン王妃の男」で初ヒロインになった
「シークレット・ガーデン」「最高の愛」出演のユ・インナ
他にも魅力的な豪華キャストが集合!

時空を超えて出会った二人だけのラブストーリー。

果たして、ブンドとヒジンの運命は?

全16話時空を超えたラブストーリーをお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第2話

無名女優・ヒジンは、ブンドのことを考えて、
あのおかしい発言はなんだったんだろうと思う。

そんな中、ヒジンはマネージャー・スギョンと
イニョン王妃の役になれた祝杯をあげ、今まで無名が長かったから、
ついでに元恋人・大スター・ドンミンの名前を借りて、
ここで一気に有名になろうと話す。

ヒジンの元恋人・ドンミンは、突然ヒジンの家にやってきて、
ドラマのセリフ練習をするように言い、
練習しないと役を降ろさせると言う。

仕方なく一緒に練習すると、
突然ドンミンは、ヒジンにキスし、これはお前の役だと言って帰っていく。

一方ブンドは今の現状が理解できず、さまよっていたが、
お守りを読み上げると突然、朝鮮時代にタイムスリップした。

お守りをもらったお寺で言葉の意味を聞くと、
「時間の道は未来へ通じ、その隙間が人を救う」
という意味だった。

ブンドの代わりに、妓生(キーセン)・ユンウォルが人質になっていたが、
ユンウォルは、ブンドが助けてくれると信じている。

今の王妃・チャン・ヒビンは、ブンドを早く始末したいが、
王様に気に入られているために、
なかなかブンドを始末できない。

一方、現代のヒジンは、撮影現場に行くと、
ライバル女優・ナジョンに会うが、
無視をされ、どうやって主役を手に入れたのかと皮肉を言われてしまう。

ヒジンは元恋人・ドンミンに聞くと、ドンミンが主役にさせた様子。

ドンミンはヒジンとまた恋人になりたがっていた。

気分転換に散歩をしていたヒジンは、突然目の前に、
馬に乗ったブンドと刺客が現れて驚くが、
ブンドは次々と刺客を殺していく。

その光景を見たヒジンは、これは撮影かと聞くが、
ブンドの殺した刺客は灰となって消え、
それを見たヒジンは、倒れてしまう。

スポンサーリンク

キョンの感想

なんだかどんどん面白くなっていっていますね!

まさかの現代と朝鮮時代とのタイムスリップが可能とはすごいですね!

お守りの効果がものすごく、びっくりしますね!

でも、刺客まで現代にタイムスリップさせると厄介になりそうですね。。

これから二人はどういう対応になるのでしょうか??

そして、ドンミンとヒジンの恋の行方は?

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ