韓国ドラマ-イニョン王妃の男-あらすじ-4話-ネタバレ-感想-視聴率-相関図-キャスト-動画-最終回まで-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」のあらすじ
4話
をご紹介します!

1694年、イニョン王妃を守る男・ブンドと、
2012年、売れない無名女優・ヒジン

300年を超えた二人の出会い。

始まりは偶然だった。

命を狙われ、ここで終わりと思ったブンドは、
突然2012年にタイムスリップする。

その頃、2012年の女優・ヒジンは、
ドラマでイニョン王妃役に抜擢されるが、
その撮影現場でブンドと出会う。

時の隙間が導いた奇妙な出会いだったが、二人の恋が始まる。

朝鮮時代の現代を舞台に語る、甘く切ないロマンティックラブストーリー。

主演は、兵役前の最後の作品となった、
「千回のキス」「セレブの誕生」出演のチ・ヒョヌ
「イニョン王妃の男」で初ヒロインになった
「シークレット・ガーデン」「最高の愛」出演のユ・インナ
他にも魅力的な豪華キャストが集合!

時空を超えて出会った二人だけのラブストーリー。

果たして、ブンドとヒジンの運命は?

全16話時空を超えたラブストーリーをお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第4話

朝鮮時代に戻ってきたブンドは、王様に手紙を渡す。

その手紙が最後になると震えていた右議政・ミン・アムだったが、
それはブンドの詩だと知り、人質だった妓生(キーセン)・ユンウォルを解放する。

現代では、ヒジンのマネージャー・スギョンが監督に、
ヒジンが選ばれた理由を聞くと、監督は実力だと答える。

ヒジンは、ブンドが消えたことを思い出して考え込む。

一方のブンドも、自分の危険になった時にタイムスリップすることを思い出す。

そして、試しに使用人・ハンドンに自分に矢を射させると、
その瞬間に、ヒジンの病室の洗面所にブンドはタイムスリップする。

しかしそこにヒジンの元恋人・ドンミンがヒジンのお見舞いに現れ、
ドンミンはストーカーだと叫ぶ。

ドンミンは浴室にブンドを追い込むが、
ヒジンはストーカーがブンドだったので驚く。

マネージャー・スギョンたちも現れて、警察を呼ぶことになる。

こっそりと浴室に入ったヒジンは、ブンドに理由を聞く。

実録を読みたいというブンドの願いを叶えるため、
公園で待ち合わせすることにし、ブンドはお守りで一旦朝鮮時代に帰る。

ヒジンはスギョンに嘘をついて、病院から抜け出し、
ブンドとの待ち合わせ場所に行く。

二人は車で図書館に行き、実録を探す。

そこでブンドは、朝鮮時代の今後、
右議政・ミン・アムとチャン・ヒビンが自害させられると書かれていた実録を見つけ、喜ぶ。

そこでヒジンがイニョン王妃役と周りにバレてしまい、
とっさに逃げるヒジンとブンド。

ブンドはそのまま朝鮮時代に帰ろうとすると、
ヒジンは別れの挨拶だと言って、ブンドにキスをし、驚くブンド。

スポンサーリンク

キョンの感想

あらあら、完全にヒジンはブンドに惚れてしまっているようですね!

ブンドの男らしさが今の時代にはないから、余計にブンドにキュンっときてしまうのでしょうか?

ブンドも現代と朝鮮時代の行き来の仕方に慣れてきたようですし、
このまま恋の発展もあるかもしれませんね!

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ