韓国ドラマ-イニョン王妃の男-あらすじ-5話-ネタバレ-感想-視聴率-相関図-キャスト-動画-最終回まで-bs

sponserd link

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」のあらすじ
5話
をご紹介します!

1694年、イニョン王妃を守る男・ブンドと、
2012年、売れない無名女優・ヒジン

300年を超えた二人の出会い。

始まりは偶然だった。

命を狙われ、ここで終わりと思ったブンドは、
突然2012年にタイムスリップする。

その頃、2012年の女優・ヒジンは、
ドラマでイニョン王妃役に抜擢されるが、
その撮影現場でブンドと出会う。

時の隙間が導いた奇妙な出会いだったが、二人の恋が始まる。

朝鮮時代の現代を舞台に語る、甘く切ないロマンティックラブストーリー。

主演は、兵役前の最後の作品となった、
「千回のキス」「セレブの誕生」出演のチ・ヒョヌ
「イニョン王妃の男」で初ヒロインになった
「シークレット・ガーデン」「最高の愛」出演のユ・インナ
他にも魅力的な豪華キャストが集合!

時空を超えて出会った二人だけのラブストーリー。

果たして、ブンドとヒジンの運命は?

全16話時空を超えたラブストーリーをお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

第5話

図書館から出た女優・ヒジンとブンドだったが、
ヒジンのマネージャー・スギョンがいることにヒジンは驚く。

スギョンは公園まで送るからと二人を車に乗せる。

ブンドと知り合ったきっかけを聞かれたヒジンは、歴史を教わっていると答える。

スギョンはブンドに、ヒジンのタイプだからアタックされるわと言う。

ブンドは、アタックとは?と聞くと、スギョンは唇に注意と言う。

その意味を理解したブンドは笑う。

スギョンと別れる時には、ブンドはキスをしなかった。

スギョンは病室でヒジンに、スキャンダルだけはやめてと言う。

ヒジンが図書館にいた写真がネットで流れ、二人のキスシーンが撮られていないか探りに行く。

そこへまた図書館に現れたブンド。

それを見たヒジンは、ブンドに会いに行き、
カメラがあることを告げる。

ブンドは、帰ろうとするヒジンに「別れの挨拶」として、死角に呼んでキスをする。

その後、ブンドは実録を読み直す。

すると、ブンドは逮捕されて拷問を受け、最後にはチェジュ島で病にかかってこの世を去ると書いてあった。

現代で、撮影が始まろうとしていたヒジンも、ブンドの死が近いことを知る。

ブンドの死の日にちが分かり、いてもたってもいなくなる。

朝鮮時代では、ブンドは食事にヒ素が盛られ、死について考える。

このお札ももう使えないのか?
なぜあの彼女に会ったのか?

現代ではヒジンが、ブンドの死んだ日を知って悲しむ。

しかし、そこにヒジンへ一本の電話がかかってきて、
その電話の相手がブンドだった。
[ad#sumaho]

キョンの感想

まさかのブンドの死が待ち受けていたとは!

ブンドの名前がそんなになかったのは、そういう意味を示していたんですね!

でも、なんとかブンドは逃げ切ることができたようですね!

このままブンドとヒジンの恋が始まるのでしょうか??

次回もお楽しみに♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA