韓国ドラマ-イニョン王妃の男-あらすじ-8話-ネタバレ-感想-視聴率-相関図-キャスト-動画-最終回まで-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」のあらすじ
8話
をご紹介します!

1694年、イニョン王妃を守る男・ブンドと、
2012年、売れない無名女優・ヒジン

300年を超えた二人の出会い。

始まりは偶然だった。

命を狙われ、ここで終わりと思ったブンドは、
突然2012年にタイムスリップする。

その頃、2012年の女優・ヒジンは、
ドラマでイニョン王妃役に抜擢されるが、
その撮影現場でブンドと出会う。

時の隙間が導いた奇妙な出会いだったが、二人の恋が始まる。

朝鮮時代の現代を舞台に語る、甘く切ないロマンティックラブストーリー。

主演は、兵役前の最後の作品となった、
「千回のキス」「セレブの誕生」出演のチ・ヒョヌ
「イニョン王妃の男」で初ヒロインになった
「シークレット・ガーデン」「最高の愛」出演のユ・インナ
他にも魅力的な豪華キャストが集合!

時空を超えて出会った二人だけのラブストーリー。

果たして、ブンドとヒジンの運命は?

全16話時空を超えたラブストーリーをお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第8話

ヒジンの元恋人・ドンミンは、
ブンドと女優・ヒジンの間に入れずにイライラする。

台本が代わったことで、ヒジンは歴史でを確認する。

すると、今までなかったブンドの復職や、
朝鮮19代王・粛宗(スクチョン) との計画を見て驚く。

ヒジンはすぐにマネージャー・スギョンといるブンドに電話し、
歴史が変わったのはブンドのせいか聞くが、詳しいことはわからないと言われる。

ブンドは、マネージャー・スギョンに、
ヒジンにプレゼントを渡したいが、ヒジンがキュンとくる方法は何か聞く。

朝鮮時代では、右議政・ミン・アムが罪人として連行される。

刺客・チャスに、ブンドの息の根を止めろと命令する。

現代では、ヒジンはマネージャー・スギョンから、
ブンドが来ていると聞いて行ってみると、ブンドが車を走らせてやってくる。

そして、ブンドからヒジンへのプレゼントだと言われる。

ヒジンはお金はどうしたのかと聞くと、
ブンドは剣などを売ったと答える。

自分が死なずにすんだお礼だとブンドは言う。

ヒジンはブンドに、
現代の詐欺師であってほしいと言って、
ブンドにキスをする。

ブンドは、また恋人に会いにくると言う。

ヒジンは1ヶ月後、ここでまた会おうと言う。

ブンドは朝鮮時代に戻ると、刺客に襲われてお札は切られてしまう。

記憶を失ったブンドに、役人から反逆の罪が無くなり、
疑いが晴れて復職できると聞かされる。

ブンドはお札を取られてしまい、
どうしても記憶が思い出せなくなってしまっていた。

スポンサーリンク

キョンの感想

ブンドの唯一のお札が切られて取られてしまうとは。。

そのせいか、ブンドの現代の記憶も無くなってしまっている気がしますね。。

ブンドとヒジンの世代を超えた恋愛は、ここで終わってしまうのでしょうか??

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ