韓国ドラマ-イニョン王妃の男-あらすじ-9話-ネタバレ-感想-視聴率-相関図-キャスト-動画-最終回まで-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「イニョン王妃の男」のあらすじ
9話
をご紹介します!

1694年、イニョン王妃を守る男・ブンドと、
2012年、売れない無名女優・ヒジン

300年を超えた二人の出会い。

始まりは偶然だった。

命を狙われ、ここで終わりと思ったブンドは、
突然2012年にタイムスリップする。

その頃、2012年の女優・ヒジンは、
ドラマでイニョン王妃役に抜擢されるが、
その撮影現場でブンドと出会う。

時の隙間が導いた奇妙な出会いだったが、二人の恋が始まる。

朝鮮時代の現代を舞台に語る、甘く切ないロマンティックラブストーリー。

主演は、兵役前の最後の作品となった、
「千回のキス」「セレブの誕生」出演のチ・ヒョヌ
「イニョン王妃の男」で初ヒロインになった
「シークレット・ガーデン」「最高の愛」出演のユ・インナ
他にも魅力的な豪華キャストが集合!

時空を超えて出会った二人だけのラブストーリー。

果たして、ブンドとヒジンの運命は?

全16話時空を超えたラブストーリーをお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第9話

ヒジンのマネージャー・スギョンは、ヒジンにブンドのことについて聞くが、
ヒジンは300年前の人だとしか言わない。

ヒジンは、車で買い物へ行く途中、
めまいがして事故を起こしてしまって入院する。

ヒジンを心配するスギョンに、ヒジンは車の持ち主に申し訳ないと言う。

ヒジンの元恋人・ドンミンが部屋にやってきたので、
ヒジンは自分には彼氏がいるのに、スキャンダルになると言うが、
ドンミンは驚いて戸惑う。

ドンミンは彼氏の名前を聞くが、
ヒジンはブンドだと言って自分の携帯を見ると、
ドンミンとの通話記録しかなく驚く。

そしてヒジンは、ドンミンと自分が付き合っていることを思い出す。

誰もブンドのことを覚えておらず、
ヒジンは困惑する。

ヒジンはドンミンと付き合っていることが信じられなかった。

朝鮮時代では、ブンドが数ヶ月間の記憶がない。

車はヒジンが本人で購入し、ブンドと会っていた時もヒジンは制作発表に出ていた。

朝鮮時代では、記憶のないブンドだったが、
いろいろな行動をするたびに、何かがひっかかって気になって仕方がない。

スポンサーリンク

キョンの感想

お札が無くなった瞬間に、ブンドの記憶やヒジンや周りの記憶が無くなってしまったんですね。。

もうこのままお札がない以上思い出せないのでしょうか??

ブンドとヒジンの唯一の繋がるものがお札だったからこそ、
このまま記憶のなくなるのはもったいないですよね。。

これからブンドがお札を取り戻してほしいですね!

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ