韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ34話-35話-36話-ネタバレ-視聴率-相関図-キャスト-動画-面白い最終回-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「一途なタンポポちゃん」のあらすじ34話〜36話
をご紹介します!

逆境にめげず、力強く生きていくヒロインのサクセスストーリー!

親を知らずに育ったミン・ドゥルレ(タンポポという意味)は、
誰よりも明るい少女。

将来の夢は、世界一おいしいククス(うどん)を作ること

そしてドゥルレは、名前の「たんぽぽ」という通り、
力強く成長していき、明るくひたむきな女性になる!

そんなドゥルレに、
製粉会社の御曹司・テオや、
幼い頃、養子となってドゥルレと生き別れた親友・セヨン
ドゥルレと同じ境遇を持ち、親を早くに亡くしたヨンスが現れる。

幼少期に出会った4人が、何も知らずに再会をし、
それぞれの想いが交錯して行く・・・

それぞれの恋は果たして・・・

キャストは、「朝鮮ガンマン」や「チャン・オクチョン」に出演のキム・ガウンや、
「7番房の奇跡」「輪廻リ・インカーネーション」出演のユン・ソネ、
「大王の夢」「百済の王〜クワンチョゴワン〜」出演のチョン・スンビン
など、
若き実力派キャストが勢揃い!

心温まるサクセスストーリーの決定版!

「君と結ばれるのは、僕しかいない」

色々な反発がある中、ドゥルレと御曹司・テオの恋の行方は・・・?

全134話の心温まるサクセスストーリーを余すことなくお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第34話

デソンの息子・テオは、事故で意識が戻らない孤児・ドゥルレのことが心配になり、
質屋・サムは、ドゥルレのことを伝えるためにドゥルレの父・ガンウクに電話をかける。

一方、ガンウクのもとへ向かっていたデソン製粉社長・デソンは、
衝撃的な場面を見ることになる。

第35話

デソンの妻・ジョンイムは、ドゥルレの実父・ガンウクの死亡を聞き、
デソンを激しく責め立て、ドゥルレは予想もしなかったようなことが突然起きた話に、衝撃を受ける。

テオは入隊することになり、家族には内緒で別れを告げ、
亡きソンジェの娘・デソンの養女・セヨンは、ソウル商会へ行き、
そこでドゥルレと出くわすことになる。

第36話

3年後、除隊したテオは、再び中華閣店主・ソウル商会・スニで働くことになり、
ドゥルレは、クムシルの息子・スチョルのせいで生じた誤解で、テオの下宿を大反対する。

一方、シルビ食堂・厨房長・キョンエは、営業妨害だといいながら、
シルビ食堂で暴れてしまう。

スポンサーリンク

キョンの感想

まさか。。

結局ドゥルレと父・ガンウクは、二人が親子として会うことはないまま、
ガンウクが亡くなってしまったんですね。。

全部絶対にデソンが悪いですよね!

ドゥルレにとっては、やっと見つけた父親だったのに、
しかも、自分がいつも接していた相手が父親だったことに、
二重以上の衝撃が走ったでしょうね。。

そして、ここからそろそろ恋が芽生えてきたりするのでしょうか?

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ