韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ37話-38話-39話-ネタバレ-視聴率-相関図-キャスト-動画-面白い最終回-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「一途なタンポポちゃん」のあらすじ37話〜39話
をご紹介します!

逆境にめげず、力強く生きていくヒロインのサクセスストーリー!

親を知らずに育ったミン・ドゥルレ(タンポポという意味)は、
誰よりも明るい少女。

将来の夢は、世界一おいしいククス(うどん)を作ること

そしてドゥルレは、名前の「たんぽぽ」という通り、
力強く成長していき、明るくひたむきな女性になる!

そんなドゥルレに、
製粉会社の御曹司・テオや、
幼い頃、養子となってドゥルレと生き別れた親友・セヨン
ドゥルレと同じ境遇を持ち、親を早くに亡くしたヨンスが現れる。

幼少期に出会った4人が、何も知らずに再会をし、
それぞれの想いが交錯して行く・・・

それぞれの恋は果たして・・・

キャストは、「朝鮮ガンマン」や「チャン・オクチョン」に出演のキム・ガウンや、
「7番房の奇跡」「輪廻リ・インカーネーション」出演のユン・ソネ、
「大王の夢」「百済の王〜クワンチョゴワン〜」出演のチョン・スンビン
など、
若き実力派キャストが勢揃い!

心温まるサクセスストーリーの決定版!

「君と結ばれるのは、僕しかいない」

色々な反発がある中、ドゥルレと御曹司・テオの恋の行方は・・・?

全134話の心温まるサクセスストーリーを余すことなくお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第37話

シルビ食堂社長・クムシルは、市場の女・キョンエが店を閉めるという話を聞いて気にかかる。

デソンの息子・テオは、孤児・ドゥルレの秘密を知って心が晴れない。

ドゥルレは、市場の女・キョンエの腹いせに髪の毛を掴まれ、
これを止めに入った人は、他でもないセヨンの弟・ドンス(ドヨン)だった。

第38話

質屋・ヨンス(サム)は、堂々としているセヨンの弟・ドンス(ドヨン)の態度が何故だか気に入った。

一方クムシルは、キョンエに一緒に働かないかと話を持ち掛けてみる。

ドゥルレは、事あるごとに冷たく振る舞うテオの事が何故か気になってしまう。

第39話

ドゥルレは、倒れたデソンの息子・テオを見つけて、慌てて病院へ運ぶ。

デソンの妻・ジョンイムは、夫・デソンが元施設園長・チャンマダムに会ったことが不安で、
チャンマダムを訪ねて行き、セヨンの事は内緒にしてくれるようにお願いをする。

スポンサーリンク

キョンの感想

テオとドゥルレが徐々にではありますが、近づいている感じもしますね〜

そんななか、いなくなったドヨンがドンスとして現れるとはびっくりですね!

もう二人とも大きく成長してしまっているから、ドゥルレとドヨンはわからないようですね。。

色々な過去がある人たちばかりですが、果たして何が待ち受けているのでしょうか?

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ