韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ70話-71話-72話-ネタバレ-視聴率-相関図-キャスト-動画-面白い最終回-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「一途なタンポポちゃん」のあらすじ70話〜72話
をご紹介します!

逆境にめげず、力強く生きていくヒロインのサクセスストーリー!

親を知らずに育ったミン・ドゥルレ(タンポポという意味)は、
誰よりも明るい少女。

将来の夢は、世界一おいしいククス(うどん)を作ること

そしてドゥルレは、名前の「たんぽぽ」という通り、
力強く成長していき、明るくひたむきな女性になる!

そんなドゥルレに、
製粉会社の御曹司・テオや、
幼い頃、養子となってドゥルレと生き別れた親友・セヨン
ドゥルレと同じ境遇を持ち、親を早くに亡くしたヨンスが現れる。

幼少期に出会った4人が、何も知らずに再会をし、
それぞれの想いが交錯して行く・・・

それぞれの恋は果たして・・・

キャストは、「朝鮮ガンマン」や「チャン・オクチョン」に出演のキム・ガウンや、
「7番房の奇跡」「輪廻リ・インカーネーション」出演のユン・ソネ、
「大王の夢」「百済の王〜クワンチョゴワン〜」出演のチョン・スンビン
など、
若き実力派キャストが勢揃い!

心温まるサクセスストーリーの決定版!

「君と結ばれるのは、僕しかいない」

色々な反発がある中、ドゥルレと御曹司・テオの恋の行方は・・・?

全134話の心温まるサクセスストーリーを余すことなくお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第70話

亡きソンジェの娘・デソンの養女・セヨンは、孤児・ドゥルレともう一度やり直すと言う
デソンの息子・テオの言葉に絶望する。

テオは父・デソンに、条件の為の結婚はしないと釘をさす。

ドゥルレは赤ちゃんの為に、ククス(うどん)の店を出すことにし、
セヨンの弟・ドンス(ドヨン)の母を雇うことにする。

ドンス(ドヨン)の母は、ドンスはセヨンの弟ではないかと思い、
ドゥルレにドヨンのことに関して色々と聞き、確信する。

そして、ドンスの母はドゥルレのお金を盗み、ドンスに全て報告する。

そこで確実に自分がドヨンだと確信したドンスは、
母のことで泣きながらドゥルレに謝りに行くが、
自分がドヨンだとは言い出せずにいた。

一方、高利貸し・ヨンス(サム)は、ドゥルレとセヨンの間柄が気になる。

第71話

テオは、お見合い相手・ジョンウォンとも別れ、
テオの父・デソンはヨンス(サム)に、テオの好きな人のことを調べさせる。

セヨンはテオの決心について納得が行かず、
ヨンス(サム)にドゥルレをちゃんとつかまえてほしいと言う。

ヨンス(サム)は、手下・ヨンマンの居場所がわかったら教えて欲しいと言い、
それを聞いてセヨンは動揺する。

ドゥルレを探すヨンス(サム)は、すぐにドゥルレを連れに行く。

第72話

ドゥルレはシスターに会いに行き、実はガンウクが自分の父親だと聞いて倒れるが、
テオがドゥルレを支える。

セヨンは、ドゥルレの事を気にかけて様子を見に行ったテオに対して怒り、
テオの父・デソンに、自分がテオのことが好きだと話す。

怒ったデソンは、テオを探させる。

セヨンは、なんとかドゥルレとテオを引き離そうとする為に、
全て暴露する。

スポンサーリンク

キョンの感想

子供の頃はあれだけ優しかったセヨンが、今度はお金持ちのわがまま少女みたいになっている気がしますね。。

子供の時はセヨンの弟・ドヨンやドゥルレのことを一番に想っていたのに、
恋が始まるとこんなに変わるものなのでしょうか??

でも、テオはドゥルレにとって、一段と心強くなっているような気もしますね。。

果たして、デソンの怒りは抑えることができるのでしょうか??

そして、スチョルとチョンジャの赤ちゃんは無事に生きることができるのでしょうか??

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ