韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ76話-77話-78話-ネタバレ-視聴率-相関図-キャスト-動画-面白い最終回-bs

         

     

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「一途なタンポポちゃん」のあらすじ76話〜78話
をご紹介します!

逆境にめげず、力強く生きていくヒロインのサクセスストーリー!

親を知らずに育ったミン・ドゥルレ(タンポポという意味)は、
誰よりも明るい少女。

将来の夢は、世界一おいしいククス(うどん)を作ること

そしてドゥルレは、名前の「たんぽぽ」という通り、
力強く成長していき、明るくひたむきな女性になる!

そんなドゥルレに、
製粉会社の御曹司・テオや、
幼い頃、養子となってドゥルレと生き別れた親友・セヨン
ドゥルレと同じ境遇を持ち、親を早くに亡くしたヨンスが現れる。

幼少期に出会った4人が、何も知らずに再会をし、
それぞれの想いが交錯して行く・・・

それぞれの恋は果たして・・・

キャストは、「朝鮮ガンマン」や「チャン・オクチョン」に出演のキム・ガウンや、
「7番房の奇跡」「輪廻リ・インカーネーション」出演のユン・ソネ、
「大王の夢」「百済の王〜クワンチョゴワン〜」出演のチョン・スンビン
など、
若き実力派キャストが勢揃い!

心温まるサクセスストーリーの決定版!

「君と結ばれるのは、僕しかいない」

色々な反発がある中、ドゥルレと御曹司・テオの恋の行方は・・・?

全134話の心温まるサクセスストーリーを余すことなくお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

sponserd link

第76話

質屋・ヨンス(サム)の手下・ヨンマンがセヨンを付きまとい、
そんなセヨンを守ろうとしたデソンの秘書・ジュノは、ヨンマンに殴られる。

そこでヨンス(サム)が現れて、ヨンマンを脅す。

デソンの息子・テオは、ジュノがケガをしている事を不審に思い、
セヨンに理由を聞くが、セヨンはとぼける。

そんなセヨンにテオは、ジュノと付き合う事を進める。

それを聞いて怒ったセヨンは、テオに孤児・ドゥルレの悪口を言いまくる。

それを聞いたテオは、セヨンに呆れてしまう。

セヨンはテオとドゥルレをどうにか引き離すために、テオの母・ジョンインに訴えるが、
ジョンインは逆にドゥルレの味方をして、セヨンに諦めた方がいいと話す。

しかしセヨンは、頑なに拒否する。

そんなセヨンは、テオのお見合い相手・ジョンウォンに相談する。

第77話

テオは別れるというドゥルレに跪いてプロポーズする。

そしてテオとドゥルレは一緒に、ドゥルレの家・伴松斎(昔の屋敷)へ行ってみる。

そこでドゥルレは、テオのプロポーズを受け入れる事にする。

セヨンは相変わらず、テオにドゥルレと別れてくれと言いまくる。

デソンの秘書・ジュノは、もうテオを諦めた方がいいとセヨンに言うが、
セヨンは絶対に聞く耳を持たない。

スチョルはドゥルレを諦めきれず、自分の今の世界から抜けるために、
中東に行くと言いだす。

一方、テオのお見合い相手・ジョンウォンもテオの事を諦めておらず、
ドゥルレに会って、ドゥルレとテオは釣り合わないと言うが、
そこへテオがやってきてジョンウォンを非難する。

デソン製粉社長・デソンのせいで、また商品が届かなくなったソウル商会社長・スニは、
デソンの元へ行って、汚い手を使うなと警告する。

第78話

デソンは、商品を回す条件としてテオと別れることと提案し、
孤児・ドゥルレに、息子・テオと付き合っていると周りが辛くなるだけだと警告する。

デソンの資金困難で、元施設園長・チャンマダムは、
資金を渡す代わりに離婚届を要求され、デソンと妻・ジョンイムは別れる決心をする。

しかし、セヨンは離婚を留まらせようと、チャンマダムの所に行くと、
なぜセヨンが養子としてデソンの所に養子に行ったのか調べてみろと意味深なことを言われる。

質屋・ヨンス(サム)は、セヨンと一緒にお酒を飲み、
そこでテオの父・デソンが、セヨンの父・ソンジェの会社を倒産まで追い込み、
その会社を買収したと教える。

スポンサーリンク

キョンの感想

ドゥルレとセヨンの過去がだんだんとバレていきそうですね〜

どれだけテオの夫・デソンが悪い人間だったかが公に出てきたとき、
セヨンとドゥルレはどうするのでしょうか??

セヨンはこれからテオへの恋どころでは無くなってくるのでしょうか?

サムも何をしたいのかが気になりますね。。

自分がドゥルレの父・ガンウクを手をかけたことがバレてはいけないでしょうに。。

次回もお楽しみに♪

スポンサーリンク
 

お気に入りはこちら

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ