韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ55話-56話-57話-ネタバレ-視聴率-相関図-キャスト-動画-面白い最終回-bs

sponserd link

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「一途なタンポポちゃん」のあらすじ55話〜57話
をご紹介します!

逆境にめげず、力強く生きていくヒロインのサクセスストーリー!

親を知らずに育ったミン・ドゥルレ(タンポポという意味)は、
誰よりも明るい少女。

将来の夢は、世界一おいしいククス(うどん)を作ること

そしてドゥルレは、名前の「たんぽぽ」という通り、
力強く成長していき、明るくひたむきな女性になる!

そんなドゥルレに、
製粉会社の御曹司・テオや、
幼い頃、養子となってドゥルレと生き別れた親友・セヨン
ドゥルレと同じ境遇を持ち、親を早くに亡くしたヨンスが現れる。

幼少期に出会った4人が、何も知らずに再会をし、
それぞれの想いが交錯して行く・・・

それぞれの恋は果たして・・・

キャストは、「朝鮮ガンマン」や「チャン・オクチョン」に出演のキム・ガウンや、
「7番房の奇跡」「輪廻リ・インカーネーション」出演のユン・ソネ、
「大王の夢」「百済の王〜クワンチョゴワン〜」出演のチョン・スンビン
など、
若き実力派キャストが勢揃い!

心温まるサクセスストーリーの決定版!

「君と結ばれるのは、僕しかいない」

色々な反発がある中、ドゥルレと御曹司・テオの恋の行方は・・・?

全134話の心温まるサクセスストーリーを余すことなくお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

第55話

亡きソンジェの娘・デソンの養女・セヨンは、
デソンの息子・テオのことについて孤児・ドゥルレを呼び、
セヨンに呼ばれたことでドゥルレは喜ぶが、セヨンから弟・ドヨンのことを話題に出され、
このまま知らないふりをすると言われてショックを受ける。

一方デソン製粉社長・デソンは、養女・セヨンが、
ソンジェの娘ということを知って苦しむ。

デソンは妻・ジョンイムに責めるがジョンイムは、
デソンへの復讐だと打ち明ける。

一方、シルビ食堂の息子・スチョルはドゥルレに、
チョンジャの前で恋人のフリをしてほしいとお願いする。

第56話

デソンの息子・テオは、セヨンの弟・ドンス(ドヨン)に仕事を紹介すると言うが、
ドンスは自分は今のままでいいと言う。

それでもテオは、ドンスにボクシングを勧めて弟になれと話す。

一方デソンは、養女・セヨンがソウル商会で働いているのを見て、
ソウル商会との取引を止めるように指示する。

そうすれば、デソンが自分の元に帰ってくると考える。

ソウル商会社長・スニは、商品が届かないのは、
デソンのせいだと気づく。

一方、高利貸し・ヨンス(サム)は、ドゥルレの父・ガンウクに会いに来た
修道女・ベルーナに会い、ドゥルレの話になる。

第57話

デソンの息子・テオは、取引を止められて苦労するソウル商会社長・スニの姿が不安で、
いても立ってもいられす、父・デソンの元へ行く。

デソンの妻・ジョンイムは、ドゥルレがガンウクの娘ではないかという気がし、
偶然にもデソンの妻・ジョンイムと修道女・ベルーナが会っているところを目撃した
ヨンス(サム)の手下・ヨンマンは疑問に思う。
[ad#sumaho]

キョンの感想

テオはすごくドゥルレのことが好きみたいですね。

毎回ドゥルレにアタックしている姿が見えます。

その一方で、意地悪そうなスチョルもドゥルレのことが好きな様子に見えます。

二人からのアタックに、ドゥルレはこれからどう答えていくのでしょうか?

そして、ドゥルレの真相を調べようとしている周りの人や、
セヨンとドンスの関係性もこれからバレていきそうですね!

次回もお楽しみに♪