韓国ドラマ-一途なタンポポちゃん-あらすじ58話-59話-60話-ネタバレ-視聴率-相関図-キャスト-動画-面白い最終回-bs

sponserd link

こんにちは!

韓国ドラマ好きなキョンです。

韓国ドラマ「一途なタンポポちゃん」のあらすじ58話〜60話
をご紹介します!

逆境にめげず、力強く生きていくヒロインのサクセスストーリー!

親を知らずに育ったミン・ドゥルレ(タンポポという意味)は、
誰よりも明るい少女。

将来の夢は、世界一おいしいククス(うどん)を作ること

そしてドゥルレは、名前の「たんぽぽ」という通り、
力強く成長していき、明るくひたむきな女性になる!

そんなドゥルレに、
製粉会社の御曹司・テオや、
幼い頃、養子となってドゥルレと生き別れた親友・セヨン
ドゥルレと同じ境遇を持ち、親を早くに亡くしたヨンスが現れる。

幼少期に出会った4人が、何も知らずに再会をし、
それぞれの想いが交錯して行く・・・

それぞれの恋は果たして・・・

キャストは、「朝鮮ガンマン」や「チャン・オクチョン」に出演のキム・ガウンや、
「7番房の奇跡」「輪廻リ・インカーネーション」出演のユン・ソネ、
「大王の夢」「百済の王〜クワンチョゴワン〜」出演のチョン・スンビン
など、
若き実力派キャストが勢揃い!

心温まるサクセスストーリーの決定版!

「君と結ばれるのは、僕しかいない」

色々な反発がある中、ドゥルレと御曹司・テオの恋の行方は・・・?

全134話の心温まるサクセスストーリーを余すことなくお届けします!

相関図やあらすじ、ネタバレの無料動画もあるかも?

キョンの感想や評価を最終回まで付け加えていきます^^

第58話

孤児・ドゥルレは、デソンの息子・テオが、自分の目の前から消えてしまうのではないかという不安に、
テオを捕まえて、テオと一緒に幸せな日を送る。

高利貸し・ヨンス(サム)は、ドゥルレがガンウクの娘ということを知ってから、
ドゥルレを避け、再び出会ったドゥルレに対してもう二度と自分の前に現れるなと言う。

ヨンス(サム)の手下・ヨンマンは、セヨンのひき逃げ事件のことに関して追いかけてきて、
まちぶせをしている。

デソンの妻・ジョンイムは、ガンウクの子供のことを聞くためにシスターに会いに行くと、
ジョンイムは、ドゥルレがガンウクの子供だったと知る。

第59話

ドゥルレはセヨンに呼び出され、テオにもう近づくなと言われ、
テオのことが好きだと告白される。

それを聞いたドゥルレはショックを受け、テオにデソン製粉会社の息子なのか聞く。

そこへセヨンが酔っぱらったという電話が入り、
その話は途中で止まってしまう。

ドゥルレは、ソウル商会社長・スニにも、テオとの交際に反対される。

一方グムシルの息子・スチョルは、ドゥルレに好きだと告白するがあっさりと断られてしまう。

しかしスチョルは周りにドゥルレが好きだと告白する。

テオは、母・ジョンイムからもドゥルレの事について反対されるが、
自分はドゥルレの事が好きだと堂々と言う。

第60話

ソウル商会社長・スニは、テオの妹の名前が本当は、セヨンである事を知り、
ドゥルレに確かめてショックを受ける。

スニはセヨンの父・ソンジェが潰されたのは、
テオの父・デソンであることを知っているため、セヨンの事が心配になる。

一方スチョルが酔っ払い、テオと絡み合いのケンカになる。

その事情を知らないドゥルレは、テオに怒る。

テオは、急に自分を避けるドゥルレのせいで傷つく。

一方、質屋・ヨンス(サム)は、デソンの指示で行った強制撤去の件で、
ケガ人が出てしまい、立場が苦しくなる。
[ad#sumaho]

キョンの感想

セヨンは父・ソンジェがなぜ死んだのかわかっていない状態ですもんね。。

でも、この事がわかるとセヨンは復讐心が出てくるのでしょうか?

テオとドゥルレの関係も、セヨンが絡んで複雑になってきましたね。。

しかも、そこにはスチョルも出てきて、まさに複雑な三角関係。。

それに加えて、家柄の問題や、親の色々な問題が絡んでくるとなると、
本当に複雑ですね。。

でも、ずっとドゥルレに一途なテオはカッコイイですね!

多分、セヨンに変わる事はないと思いますね〜

テオはどんな事をするのでしょうか??

次回もお楽しみに♪